顧問弁護士とは?

会社の経営者にとって何かトラブルがあった時、その時の対応をどのようにしたらいいのか迷う事もあるでしょう。
また問題になりそうだなと予測した場合、会社にとって損失が出る前に早く解決するのが一番の理想です。
ただし金銭面や法律問題など専門的な事まで手が回らないのが経営者ではないでしょうか。
そこで身近な相談役として活躍しているのが顧問弁護士の存在です。
顧問弁護士とは弁護士の中でも、個別で契約を結んでいる弁護士を指します。
毎月一定額の料金を支払う事でいつでも法律相談に応じてもらう事ができます。

弁護士の相談をするときは、通常弁護士事務所に連絡をして時間を予約しなければいけません。
相談したいことが急用でなければそれでも構わないのかもしれません。
しかし一番優先しなくてはいけない業務だった場合、すぐに弁護士に対応してもらう必要があります。
もし顧問弁護士を雇っていたら、すぐにこちら側に出向いてくれて対応してもらう事ができます。
既に会社の内情などもよく解っている為、依頼者としては重点を話すだけでお任せする事ができます。
しかし初めて依頼する場合は、会社の実情など必要最低限のやり取りが必要になります。

経営者にとって時間は、とても貴重なものです。
その貴重な時間の中で優先順位を付けて仕事をしなくてはいけません。
数多い仕事の中でもトラブルやクレームは一番の優先事項です。
優先事項の仕事が自分だけでは解決できず、相談できる相手として顧問弁護士はとても心強い存在です。



<Special Link>
会社にとって損失が出る前に身近な相談役として顧問弁護士と契約をしましょう ・・・ 顧問弁護士 契約

Copyright © 2014 顧問弁護士は必要? All Rights Reserved.